住宅ローンの連帯保証人は離婚のときどうなるのか?


夢のマイホームを購入し、家族も増え
これから明るい将来設計を考えている家族が大半だと思います。
しかし、中にはマイホーム購入と同時に、離婚に至る家族も少なからずいます。
こうした場合、住宅ローンの返済は誰が支払っていくことになるのでしょうか?

住宅ローンを組んだ際に、注目しておきたいのが連帯保証人が誰になっているかということです。
基本的には夫が返済を行い、妻が連帯保証人になっている
ケースの場合、妻が返済を行っていかなければならなくなるケースもあります。
特に、夫ではなく妻が住宅に住み続ける場合などはそうした可能性が出てきます。

スポンサードリンク

こうした場合は、妻にとってより負担が少なくなるように
するために、今支払っているローン自体を見直す必要があります。

それがいわゆる「借り換え」というものです。
以前のローンよりもより低金利の商品であればトータルの返済額を少なくすることができます。
また、借り換えをすることで、妻が連帯保証人から外れることもできます。

長い人生、どういったハプニングが起きるかは分かりません。
離婚することはおすすめできませんが、万が一こうした状況に陥った場合には
まずは金融機関などに相談するという選択肢も知識としてもっておきたいものです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。