中古一軒家を購入する時は物件を良く見るようにする


夢のマイホームを手に入れるために
中古一軒家を購入したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
子供が大きくなってきたりすると必要になってくると思いますが、
中古一軒家を購入する時は気を付けないと失敗してしまうかもしれないので注意してください。

中古一軒家を購入する時に気をつけてほしいのはまずどのくらい老朽化が進んでいるかです。
築5年などであればそこまで心配する必要はありませんが、
20年程度経っていたりする場合は所々でガタが来ている可能性もあるので
良く調べておくといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

また、どのくらいの震度に耐えられる家なのか、地盤はしっかりしているのかということも
ちゃんと見ておかないといざという時に大変なことになってしまいます。

住み始めてから欠陥住宅であったなどということが分かったのでは遅いですので
きちんと調べてリフォームが必要なのであれば適度にリフォームするようにすると
引っ越してからも快適に過ごすことができますよ。

ただリフォームの箇所が多かったり大がかりなリフォームが必要になると
かなりの出費になることもあるのでより快適で住みやすい家が良いというのであれば
たくさんの物件を見て回って決めるようにした方が後悔も失敗も少なくなりますよ。



posted by 住宅ローン at | 購入する時の注意点など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。