税金の分も中古住宅購入資金として用意しよう


中古住宅は新築に比べるとかなり価格が安いから手が出しやすいと思います。
以前に比べるとより多くの人が住宅を購入していますが、
それでもかなりの大金を支払うことには変わりありません。
また、実際に支払うお金は建物と土地代だけではありません。

中古住宅購入資金は建物と土地代だけではなく税金や仲介手数料
リフォームが必要なのであればその代金なども中古住宅購入資金となります。
リフォームは業者がすでに行っている場合もあるので必ず必要になるわけではありません。

スポンサードリンク

税金などはどれくらいかかってしまうのか、と不安になる人もいるかもしれませんが
税金などに関しては購入する住宅の価格によって大きく変わってくるので、
これくらいかかると言い切ることはできません。

また、税金と一言で言っていますが実際に必要になる税金は
印紙税や登録免許税、贈与税、消費税、不動産取得税といった税金がかかるようになります。

中古住宅購入資金はそこまで用意しなくてもいいだろうと思っている人もいますが、
細かい物を含めると意外と必要になるものです。
あまりお金を貯めていないのに購入を決めてしまうと後々支払いが大変になってしまうので
どれくらい資金が必要になるのか、どのくらい貯めればいいのかをまずよく調べてみてください。



posted by 住宅ローン at | その他家購入で知っておきたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。