中古住宅購入の流れ


中古住宅購入は多くの人が憧れていることなのではないでしょうか。
中古住宅は新築に比べると価格も安くなっているので買いやすくなっています。
しかし、初めて家を購入する時はどんな流れで進んでいくのか分かりませんよね。
ですので、今回は中古住宅購入の流れを簡単に説明していこうと思います。

主な中古住宅購入の流れはまず、物件を見に行くことから始まります。
物件はたくさんありますので気になるものはすべて見に行くようにしましょう。
業者も1つではなく2つや3つ程度利用するようにするといろんな物件や意見を聞くことができます。

物件を決めることが出来たら申し込みを行います。
申込書に必要事項を記入し、申込金を支払うことになるのですが
この時に業者から他の買主がいると言われることもあるそうです。
しかし、焦らずゆっくり考えながら提出、支払いを行っていってくださいね。

スポンサードリンク

申込書を記入したら今度は住宅ローンの仮審査をすることになるのですが、
場合によっては仮審査をしない場合もあります。

仮審査を無事通ることが出来たら売買契約を締結させて本申込を行い、承認を得ます。
もしリフォームをするというのであればこの後に行い、リフォームが完了したら入居になります。

これが中古住宅購入の流れになるのですが、場合によってはちょっと違う状況になることもあるので
絶対にこうであるとは言い切れません。



posted by 住宅ローン at | 手続きや流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。