中古住宅ローン減税は誰でも受けられるの?


これから中古住宅を購入しようと思っているのであれば是非とも知っておいてほしいことがあります。
それは「中古住宅ローン減税」です。

中古住宅などは滅多に購入しないものなので知らない人も多いかもしれませんが、
ある条件を満たすことが出きれば所得税の控除を受けることができるようになります。
とても便利ですし、受けておいて損は無いものですので、
購入を検討しているのでしたら調べてみてはいかがでしょうか。

中古住宅ローン減税は耐火建築物であれば築25年、耐火建築物ではない場合なら築20年、
また、新耐震基準を満たしている住宅であることを証明できる住宅である場合に
受けられるものなので、これらの条件をクリアできなければ控除は受けられません。

スポンサードリンク

中古住宅ローン減税はどんな人でも同じ額なのかと言われたらそれは違います。
ローン残高がどれくらいなのかによって控除額は変わります。
上限は5000万円で、最大500万円の控除額となります。

自分の場合はどれくらいなのか気になるかと思いますが、
計算してみたいと思うのであれば財務省のホームページで詳細を調べられるので、
時間のある時にでも見てみるといいかもしれませんよ。

中古住宅ローン減税の条件は上記のようなものになっていますが、
場合によっては受けられなくなるケースもあるようですので中古住宅ローン減税を利用したい、と
思っているのでしたら予めきちんと調べておいた方がいいですよ。



posted by 住宅ローン at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。