中古住宅を購入すると中古住宅ローン控除が受けられる


控除を受けることによって税金の負担が軽くなるという制度はたくさんありますよね。
私たちにとってはとても有り難いし便利なものなのでこれを狙っている人も多くいます。
控除は住宅を購入した時にも受けることができるものなのですが、
中古住宅を購入した時はどうなのでしょうか?

中古住宅を購入した時は「中古住宅ローン控除」というものを利用することができるようになります。
ただ中古住宅を購入したら誰でも受けられるものばかりではありません。
一定の条件をクリアしなければ受けられませんので注意してくださいね。

スポンサードリンク

中古住宅ローン控除を受けるための条件は、新耐震基準をクリアしていることを証明できる建物、
耐火建築物の場合は築25年以内のもの、耐火建築物ではない場合は築20年以内のもの、
といったように条件がありますのでそれを満たす必要があります。

築20年以上経ってしまっている中古住宅でも新耐震基準であることを証明できれば
中古住宅ローン控除を受けることができます。

また、どのくらい控除できるのかも変わってきます。
控除額は最大でも500万円程度となっています。
控除額はローン残高によって変化すると言われているので
気になる場合は計算してみるのもいいかもしれませんよ。



posted by 住宅ローン at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。